トリュフ 生産危機の原因がやばい!まもなく終了か!

「世界三大珍味」のひとつであるトリュフが生産危機になっているようです!

その原因は何なのか?

夏の猛暑や雨が少ないことが影響している?

この記事ではキノコの仲間であるトリュフが生産危機になっている現状について調べていきます。

 

トリュフ 生産危機の真相は?

トリュフは木の根の奥深くで見つかるキノコの仲間。生産者たちによれば、産地の木が弱っている、あるいは地域的に何らかの変化が起こっているのではないかという。

トリュフの生産は、夏の雨量に対して非常に敏感だったのだ。

そして地中海西部では、夏の降雨パターンが過去40年で変化している。夏は渇水がひどく、気温は上昇している。その結果、トリュフが生きるのに必要な、繊細な自然の仕組みに大きなストレスがかかるようになった。

「これほど広範囲にわたって同時に起こっているパターンを見れば、普通は気候が要因です」とビュンテン氏。

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190811-00010000-nknatiogeo-env

このように生産危機になった理由は異常気象によるところが大きくて特に夏の猛暑や雨が少ないことがトリュフが採れなくなったようです。
日本だけでなく世界でも気象が変化していってるようです。

やはり温暖化によるものなのでしょう。

人間がもっと自然を大切にしていかないとほんとにヤバイことになってきそうですね。とういかすでに日本でも異常気象と言われているのでトリュフ以外にもいろいろな植物、生物、動物の生態系にも変化が出てきています。

スポンサーリンク



トリュフを使用した食べ物とは?

トリュフは高級な食材である為になかなかお目にかかれないですよね!

いったいどのようにして食べているのかネット上で調べてみました!

スポンサーリンク



トリュフ 生産危機に対するネットの声は?

ちゃんとしたトリュフを食べた事がないから、これがトリュフと言われてもよく分からないのよね~

キクラゲみたいなイメージがするのは私だけかな?

トリュフの食材は日本以外でも希少価値のあるきのこで有名です。そのトリュフの香りは世界中のグルメたちをとりこにし、どんな料理にも添えるだけでワンランク以上アップする力をもっていますがそのトリュフが絶滅するとグルメ界に激震が走りますよ。

トリュフは基本食べないから生産危機になってもそれほど痛くはないけどもうまい棒が生産危機になったらショック大だわ!

世界の3大珍味の一つとされるトリュフが生産危機になって残念です。トリュフは、リアルな世の中販売価格が高価なこともあったので、日本以外においてもこのように何度も食べられるものじゃありません。

大量生産してもっと割安になってほしいですね。

 

 

おまけ

ハーゲンダッツのアイスにもトリュフ味が出たらしいぞ