Slack謎マナー 公式見解がやばい!スラック動画あり!

 

Slack謎マナーの公式見解が話題になっています。

そもそもSlack(スラック)とは何?

調べてみるとビジネス向けチャットの事でした!

このチャットであるSlackに謎というか暗黙のマナーがあるのです!

「重要なことはメールで送る」「絵文字は2個まで」など。

その公式的な見解が明らかになりましたので考察していきましょう。

スポンサーリンク



Slack謎マナー 公式見解の詳細

Slack謎マナー 公式見解のニュースは下記のように報道されています。

一方、チャットツールでも旧来のツールのような「マナー」が発生し始めているようだ。SNSで話題となり、波紋を広げている。

 これによると、「冒頭は喫緊でお世話になったことを述べ、お礼から」「メールと違って絵文字も駆使して親しみを出す、ただし1文に2つまで」といった「謎マナー」があるようだ。さらには「重要なことはメールでお送りする」ともあり、そもそもSlackを使う意義すらなくなりかねない。こうしたマナーについて、Slackはどのような見解を持っているのだろうか。

Slackの「公式見解」
 Slack Japanの生垣侑依氏によると「Slackの利用に関して、マナーのようなものを設けていることはない」とのこと。一方で、Slackを使うときに心掛けるべき「コアバリュー(=“Slackぽさ”)」を定めているという。

 例えば、Slackを使う上で最も重要なのは「相手への思いやり」だという。読み手のことを考えた文章作成は、お互いの顔が見えないチャットだからこそ、必要な気遣いだといえる。

 発言するときに、その発言が適したチャンネルに行うことも重要だという。数人規模であればよいかもしれないが、数十人、数百人単位が入っているチャンネルで、関係のない投稿をしてしまうことは迷惑となり得る。Slack社内では、チャンネルに最適ではない議論が始まった場合には、「アライグマ」の絵文字を使い、最適なチャンネルへ案内するように促しているという。アライグマはごみをあさる習性があることから、不必要な発言を適正化する意味で、用いているのだとか。

 「マナーとまではいかないが、こうした“エチケット”を心掛ける必要はあるのでは」と生垣氏は話す。

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200121-00000011-zdn_mkt-bus_all

スポンサーリンク



Slack謎マナーというか一般的な常識の範囲であるのでしょう!
それぞれのTPOに合わせて絵文字を使用したり気軽に話しかけたりすることが必要なのです。

Slackマナーの公式見解が相手への思いやりって具体的じゃないよねwww

思いやりはスラックだけでなく日常生活のどこででも必要ですから。

SLACKならではの使用方法に関する発言を期待します。

スポンサーリンク



Slackの動画

謎マナーが存在しているSLACKの動画です。

要するにチャットですがメールと同じようにビジネスシーンでマナーがあるようですのでビジネスマンは知っておいたほうが良いでしょう。

学生は自分の好きなままに絵文字を使いまくったら良いと思う。

スポンサーリンク



 

Slack謎マナー公式見解のネットの反応

Slack謎マナーに対する公式見解についてネットに寄せられたコメントを見て見ましょう。

今は「謎マナー」と思っているものが、いつのまにか当たり前になり、変だと思ってる人が変人扱いされる。
「右に習え」の日本人の習性かな……。

Slackなどのチャットツールであいさつ文は不要だけど、
「なんのために」「誰に」反応してほしいかは明確にしたほうがいいよね。

スポンサーリンク



 

Slack謎マナー 公式見解まとめ

今回はSlack謎マナー公式見解について調べてみました。 

Slackが公式見解を示しましたね!
その見解の内容が、マナーのようなものを設けていないとの事でした。
でも日本では謎のマナーが存在しています。

ビジネスではやはり常識的な使い方が求められますね。

そもそもSlack使っている人って働いている人なんだからマナーはできてしまいますね!

若者はラインを使用しているのでスラック自体を知らない人も多い。

この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。

スポンサーリンク