NEWS

瀬古利彦 苦言を呈した相手は吉田祐也!理由も判明!

 

元マラソン選手の瀬古利彦さんが苦言を呈した事が話題になっていますね~。

その相手は青山学院大4年生の吉田祐也さんです!

その理由は別府大分毎日マラソンの内容を問題視しました。

マラソンをなめてしまうとも発言しました!

その真意を紐解いてみていきましょう。

スポンサーリンク



瀬古利彦 苦言の報道内容

瀬古利彦さんの苦言のニュースは下記のように報道されています。

別府大分毎日マラソンは2日、大分市の高崎山・うみたまご前から大分市営陸上競技場までの42・195キロで行われ、箱根駅伝4区で区間新を更新し、青山学院大の総合優勝に貢献した吉田祐也(4年)が初マラソンを2時間8分30秒の好タイムで走り、日本人トップの3位に入った。

 吉田がフィニッシュした後、瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーが大会の総括会見を行っていると、そこに吉田が現れ、異例の強化責任者と選手の掛け合い会見となった。

 瀬古リーダーは会見場の後方に吉田が座っていることを確認すると、「こっちこいよ」と隣の席に座らせた。

 「初マラソンとは思えないような走りだった」と絶賛したが、その後はまさかのダメ出し。40キロ手前でスパートをかけて先頭に立った場面について、「なんで出たの?あそこで出なかったら…」と苦言を呈した。

 「欲が出たんだな、相手に使われてしまったね」と続けた。吉田は卒業後に大手菓子メーカーのブルボンに内定していることから「まだまだやることがいっぱい。ブルボンのクッキー食べながら頑張って」と話すと吉田は「いえいえ」と苦笑い。

 さらに「最初にはまっちゃうと、マラソンをなめてしまうからね。1回ぐらいは失敗したほうが…」と話すと、吉田がすかさず「なめてないです」ときっぱり返した。

 瀬古リーダーは箱根駅伝の後、吉田が競技を引退することを伝え聞き、「いい走りをしているんだから、やんなさいよ」と勧めていた。その期待の選手の快走に「2024年(のパリ五輪)に向かって戦力になる。やめないで続けてほしい」と懇願していた。

出典元:西日本スポーツ

スポンサーリンク



瀬古利彦の苦言はある意味期待している意味合いが強い内容でしたね!

吉田祐也(4年)さんは競技を引退するようなのです。
マラソンで3位のタイムを出したのにもったいないですね。

瀬古さんが言うようにマラソン界で頑張って欲しい。

スポンサーリンク



苦言をした瀬古利彦の顔画像

瀬古利彦さんの圧が強いから青学の選手もタジタジになっているw

スポンサーリンク



 

瀬古利彦 苦言のネットの口コミ

ネットに寄せられたコメントを見て見ましょう。

陸上止めるのはもったいないが、今後の人生の方が長いので、納得いく決断をしてください。

吉田君にあそこで出た、出ないの是非を語る前に、日本人選手がそこに何人いた??そう!吉田君だけだったんだよ。彼だけが先頭についていって残っていた。それだけでも素晴らしいです。だたついていってズルズル離されるのではなく、先頭に立ち勝負に出た。大幅なペースダウンもしなかったのもまぎれもなくどの日本人選手よりも強いと思った。
原監督もきっと、箱根駅伝みたいに後ろから監督車両で檄を飛ばしたかったことでしょう。
憶測ですが、きっと箱根駅伝で引退すると決めてこの1年間に人生すべてをかけたくらい陸上にささげたんだと思います。その芽が出てよかったね!その覚悟がいい結果につながったのかもしれない。この先続けてもさらに飛躍する保証もないし、今がピークかもしれない。。
でも吉田君の走りは感動したし、久しぶりに国内マラソン大会観てて面白かったです。
どんな道を選んでも応援しています。

吉田に苦言を呈するよりも、吉田に敗れた国内招待選手(特に九州の弱小実業団選手)に言ってほしかった。

マラソンで一生食べていけるもんではない
まして2時間8分台なら
厚底の影響今でも何百人もいるのだから
世界で戦える気力と能力がないとね
大迫・設楽でさえ
先の人生はわからない

ナイスラン!素朴な人柄は魅力的だ。
自分の人生、一度きりの人生。
後悔ないように選択した道が正しい道!

スポンサーリンク



 

瀬古利彦 苦言のまとめ

今回は瀬古利彦さんの苦言について調べてみました。 

苦言をした相手は青山学院の吉田祐也選手でマラソンの40キロくらいで出てしまった事を指摘していました!

しかしながら走りっぷりはあっぱれであると絶賛していましたね。

この後も引き続き瀬古さんの言動に注目していきましょう。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

下記の左が1つ古いページで右側が1つ新しいページです↓