恋愛ドラマ 失速理由はF2とF3層のTV離れ!スマホも影響!?

 

恋愛ドラマが失速しているようです!

最近では視聴率も軒並み1ケタ台と厳しい状況に・・・

いったい恋愛ドラマが失速した理由は何なのか?

F2層とF3層の恋愛系のドラマ離れを起こしているからなのか読み解いていきましょう!

 

恋愛ドラマ 失速理由は?

ここ数年で、平均視聴率10%をクリアした恋愛ドラマはほとんどない。絶滅寸前である。

2ケタどころか、1ケタの、それも6%台と深夜ドラマ並みまで視聴率が落ちてしまったからだ。

「ドラマの中心視聴層はF2(35~49歳の女性)とF3(50歳以上の女性)なわけですが、いずれも子育てや共働きの真っ最中で、さらに将来不安も募るばかり。惚れた腫れたなんて話を楽しむ余裕なんてない時代なんですよ。ドラマの設定や話の展開にもリアリティーがないから、登場人物たちが間抜けに見えて、入り込めないのでしょう」

もうひとつ大きく変わったものがある。携帯電話・スマートフォンの普及だ。

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190811-00000005-nkgendai-ent

このように恋愛ドラマが失速している理由は35歳以上の女性が見なくなったといわれています!

確かに35歳以降のF2層になると結婚して子供ができることから恋愛どころじゃなくなるのでしょうね。

恋愛ドラマ見ている暇もないくらいに子供の育児も大変なのでやはり恋愛系のテレビよりも教育関連のNHKテレビとか見ることが多くなると思います。

よってまだ結婚していない10代から30代前半の女性を狙えばよいと思うのですが今はスマホを見ている方が多いので恋愛ドラマ失速というよりはテレビ番組全体で失速している感じも否めません。

これからは視聴率20%超えるなんてほとんど出てこなくなっているので10%台突破を目指してのドラマや番組作りとなってくるのでしょう。

ただ、まだまだブルーオーシャンのカテゴリーがあるように思えますので今後のドラマ構築にも注目していきたいです。

スポンサーリンク



 

 ネットの反応

 
・単に、恋愛ドラマは面白くないからだけだと思います。

初回から観てたけど、先週から観るの止めた。

大した展開もないし、イライラする。

恋愛ドラマって一括にするのは止めてもらいたい。

 
・恋愛ドラマが視聴率が獲れなくなったのではない。設定に無理があるから獲れない。
杏ちゃんも仲間由紀恵も私生活では子供出来て幸せなハズ。
そんな人が不倫だ浮気だ…と云われても、リアリティがないから見ないのです。
視聴率を獲るための配役してないんだから無理!!

 
・そもそも一般の視聴者が番組制作関係者でもスポンサーでもないのに視聴率が稼げるだとか、稼げないとかを気にする必要はない…
番組の面白さや楽しさが視聴率と云う数字では測れないのに高いか低いかで一喜一憂する必要性は視聴者には絶対にない!

 
・純愛ドラマの方がトキメキがあって見たいと思う。あとはもう少し長いクールでの内容のしっかりとしたドラマが見たい。

 
・まず未婚なのに既婚と偽る意味がわからない。未婚と言って普通に付き合えばいいんじゃないの?
相手役もイケメンと思えず、1話で離脱…。
最近の内容をたまにこうやって見てると、お姉さんの不倫の方の夫婦の展開の方が面白そうで、こちらがメインだったら面白いドラマになった気がする。

 
・1年前にはおっさんずラブが現在では珍しい恋愛ドラマだったからこそヒットしたという記事も目にしましたが…
結局ヒットした、しなかった理由を安易に求めているようにしか見えない記事

 
・ここ十数年のことですが、相棒、科捜研、臨場、奇しくも全てテレ朝ですが再放送を含め全て観るようになりました。
恋愛ものは若い頃からあまり興味がありませんでしたね。
近年の若い人達も恋愛に夢も希望もないのでしょうか…

 
・不倫だから付き合ってくれてるからといつまでもいつまでも言えないでいる意味がわからない。
誤解されて旅行にいけなかったときも、そんなに好きならもう忘れるとか勝手に悲しむ前に、ひかれることや嫌われるの覚悟でほんとは独身なので付き合ってくださいと言えばいいのに、結局うだうだと落ち込んでるシーンがながかったし、みててストレスたまった。自分をよくみせたいだけの主人公。

ここまでみてきたけど、もう疲れたので来週からはみるのやめます。

 

 

おわりに

恋愛ドラマが失速している理由はF2・F3層の恋愛系のドラマ離れを起こしているからだったようです。

スマホが普及したことによって恋愛ドラマのドキドキ感がなくなったとありましたがこれは違うように思えますね。

全体的にテレビよりスマホを見る人が増えていってるのでこの部分の差別化を図っていくべきなのでしょう。