NEWS

人気女子アナ 不倫背景はブラック職場が原因だった!!!!?

人気女子アナ 不倫背景

 

人気女子アナの不倫背景が明らかになりましたね。

意外と仕事が大変で彼氏をなかなか作れない状況にあったのです。

特に人気の女子アナウンサーにはプライベートの時間がないのです。

よって社内恋愛からの不倫に発展してしまうのです。

では、人気女子アナの不倫背景について一つづつ見ていきましょう。

スポンサーリンク



人気女子アナの不倫背景を花崎阿弓さんが考察する

まずは、人気女子アナの不倫背景について報じられた内容を見ていきましょう!
花崎阿弓(はなさき・あゆみ)さんが不倫背景を考察してくれました。
こちらが記事の内容です。

なぜ絶えない? 人気女子アナが次々と不倫に堕ちていく理由

人気がある看板女子アナたちばかりが次々に不倫に走る理由。それはアナウンサーという仕事の環境にあるといえます。

マスコミの仕事は長時間労働も多く、長年働けば働くほど近くで苦楽を共にしてきたメンバーが家族以上の存在になっていくのです。それが仲間意識なのか、友情なのか、恋愛なのかはさておき、距離感がかなり近いのは間違いないです。

また、アナウンサーはスポンサーの関係などで守秘義務があるため、情報漏洩しないようにあまり局内の事を他言してはいけませんが、局内の相手であれば仕事の相談がしやすい。そのため、親密になって局内で結婚するというパターンも多いようです。それがどちらかが既婚者であった場合、不倫という事になってしまう。

スポンサーリンク



人気女子アナの不倫背景の対策

花崎さんが考察してくれたように人気女子アナは多忙でプライベートな時間がなく彼氏を作れない状況に置かれているのです!

いわばブラック的な仕事環境であるので身近な社内の人と恋愛に落ちる事が多くなるという事でした。

この不倫になってしまう背景をなくす為にはやはり人気女子アナへの仕事量を増やさない事なのでしょう。

もっと女子アナを大量に採用して育成すれば女子アナや男子アナ各々の負担も少なくなってきてプライベートも充実する事でまた仕事への活力がみなぎってくるものだと思います。

スポンサーリンク



 

人気女子アナ 不倫背景に世間の反応は?

人気女子アナ 不倫背景についてネットに寄せられたコメントを見て見ましょう。

悲劇のヒロインになりたいんですよ。普通の恋愛より不倫とかの方がドキドキ感や罪悪感などが混ざって、なんて私は不幸なの?とか苦しいけど仕方ない、好きになってしまったから。などとドラマの主人公になりきってドはまりしてしまう。ある意味人間くさくて正直なんですよ。

いや、単にそこそこ綺麗な人が多いので熱心に口説かれるからでしょ。

キャリア志向だとか守秘義務だとか外での出会いがないとか、どの仕事も一緒。

時間が合って、秘密を守れて、且つ、魅力のある男性。って条件で身の周りから探したら、自ずと結果が見えてきます。
独身の同僚男性アナウンサー(優良物件)はプロ彼女かタレントに目を向けて相手にしてくれないし。

これからの時代は自由恋愛を認めれば。芸能レポーターの仕事はマスコミが作り上げたモラルを元に商売をしているだけ。世間は結婚しない恋愛しない子供を作らない人が増えている事実を知らないのかな。芸能界だけ何故不倫が多いのか。現実を見ると俳優や女優にモラルを押し付けても意味が無い。今後は各事務所も賠償金はらいたくないから多少の不倫も容認するしマスコミも扱わなくなるんじゃないの。各週刊誌も毎度不倫ネタだと飽きられて部数減るだろうに。ただね不倫は商売にはなりますね。

好きになった人が家庭があるのか、家庭がある人を好きになったのか分からないけど、恋は盲目だし仕方ないんじゃない。ダメと分かっていても、これだけ世の中に溢れていればね。しかも2分に1組が離婚している訳で…モラルとか常識とか関係ないと思うね。

局アナになるということは「勝ち組」。若い女の子が勘違いするのも仕方ないね。それと不倫に対する意識は年々低くなっている。後先を考えない人達は増えていくでしょう。

スポンサーリンク



 

終わりに

今回は人気女子アナの不倫背景についての内容や世間の反応をお伝えしました。

不倫が発生してしまう原因には仕事が多忙でプライベートな時間がない事が根本にありました。

これによって身近な職場の同僚や先輩社員と恋におちてしまい結果的に不倫になる事があるという事でした。

ブラック職場とか言われかねないので人気女子アナこそしっかりと休ませて欲しいですね。

あまり激務にすると老化現象が顕著に表れてくる女子アナも多々います。

今後の展開に注目したいと思います亜。

それでは今回はこの辺で最後までお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

下記の左が1つ古いページで右側が1つ新しいページです↓