中尾明慶 反省の理由は育児放棄!?子供は何人で何歳?

 

中尾明慶 反省が話題になっています。

育児を手伝ってこなかった事を告白し反省していました!

どうやら育児や家事は嫁の仲里依紗さんの仕事だと考えていたようです。

しかしながら1人で子供のお守りしていた時に意外と大変な事であると反省し現在は育児や家事も手伝う良い旦那になっていますwww

スポンサーリンク




 

中尾明慶 反省の理由は育児放棄!?

中尾明慶さんと嫁の仲里依紗さんは2013年に結婚し同年10月に第一子となる長男が生まれました!

当時は育児に関しては無関心というかほとんど嫁さんに任せていたようで育児放棄状態だったようです。

しかし嫁さんが出かけるときに1人で子供のお守りしていた時に意外と大変な事であると反省したという事でした!

中尾さんの場合は嫁さんも働いているので育児に関しては旦那も手伝わなければいけないでしょうが専業主婦の嫁さんだったら手伝わなくてよいっていう考えが一般的です!

旦那の睡眠時間が4~6時間程度なのに嫁(専業主婦)は子供との昼寝や夜の睡眠で約10時間以上は寝ています。

旦那からすれば羨ましい時間の使い方です。

でもその場合でも多少は手伝った方が家族円満ではありますので反省するべき点であります。

中尾さんの子供は1人で年齢は6歳の男児です。小学1年生なのでしょうね!

スポンサーリンク



中尾明慶 反省報道

中尾明慶さんの反省について下記のように報道されています。

俳優中尾明慶(31)が、妻で女優の仲里依紗(30)との間に生まれた長男の育児について「何もしていなかった」と反省をつづった。

中尾は20日、ブログを更新。生まれてすぐの子どもの育児に関してファンから質問が寄せられ、「振り返ると、僕も生まれて間もない頃はそんなに何もしていなかったな、、、と反省してます」とつづった。

2013年10月に第1子となる男児が誕生したが、「何をしたら良いのか分からなかったのはもちろんありましたが、年齢も若く、妻と子供を置いて飲みに出かけたり、遊びに行ったりと。んー、、、子どもができて今までと違う事はもちろん分かってましたが、どう変えるべきかがよく分からず。どうサポートして良いかも正直分からず。かと言って雑誌を見たりで勉強するのも照れくさく、、、とまぁそんな感じでしたが、、、」と、育児に協力的ではなかった当時を振り返った。

しかし共働きのため、生後3カ月頃の息子と2人で留守番をすることがあり、「泣かれるわ、、、ミルク飲まないわで、、、妻が帰ってきた頃に私が熱を出して寝込みました」と、初めて育児の苦労を味わったという。

「昔からある、俺が外で働いてんだから、家のことも子どものことやっとけよ! これはまったく通用しないというか。外で仕事してる方が、もしかしたら楽なんじゃないか? というくらい大変でしたね」と思い知り、少しずつ育児に参加するようになったという中尾。

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200120-01200349-nksports-ent

スポンサーリンク



中尾明慶 反省にネットの反応

中尾明慶さんの反省に関するネット上の反応は以下のようになっています。

 
■ 何もしないどころか

ヤリもしないのに
偉そうに指図するの
やめてほしい。

 
■ そのはるか後ろのほうを必死で追いかけている、この一文が嘘っぽくないとうか、口先だけじゃない奥さんへの感謝と尊敬の念をすごく感じる。若かった2人が力を合わせて素敵な家族を作ってますよね。

 
■ 何事も経験ですよね!
身をもって感じないとわからない事って多いと思います。
今反省できるのも自分が父親として成長している証拠なんでしょうね!

小さい頃程、子供と常に一緒にいる母親ばかり負担が増えてしまうのは仕方ない部分があると思います。
わからない事が多くても自分のできる範囲で
手伝おうとする姿勢、感謝や労いの言葉を伝えるだけでも母親の気持ちも全然違うものです。

 
■ 私も、本当そう思いました。
自分の時間で好きなように動けるって、楽ですよ。
赤ちゃんといると、そうはいかない。
何時に授乳だの、ぐずられて1時間抱っこだの、何時に昼寝だの…。子どもに合わせて行動するのって大変。

仕事しないで赤ちゃんと一緒に昼寝して楽だよねーなんて、思わないで欲しいよ。

言葉の通じない相手とのコミュニケーションて、大変なんだから。

幸せ感じることも、たくさんあるけどね!

 
■ 私ならぶち切れてるけどよく奥さん耐えたなぁ。
旦那を見ていて思うのは子供が出来ても自分のペースで生きてるなぁってこと。
言っても今ひとつわかってない。
母になった妻はその日から自分のペースで生きるって出来なくなる。
旦那も怒られた時には頑張って家事をするけどしばらくするともう忘れてボケーっと自分の食事とテレビ見るのに集中している。

 
■ 女性の方で外での仕事の方が楽という方が多いけど、どんな仕事してたんだろう。とてつもないプレッシャーの中で失敗の許されない仕事をしていた方が大半なのでしょうか。。
何十人もの部下を抱えて責任を一身に受け持つ立場だったり、顧客を捕まえるために日々神経をすり減らし、納期に間に合わすよう何日も残業、長期出張したり理不尽なクレーム対応したり、、。

子育ては本当に大変です。寝る暇もないです。ただし相手は可愛い我が子。でも男性も限られた時間の中で結果を出さないとお給料はもらえない。しかも他人相手にです。それは子供が成人してもずっと続く。

だから夫婦で支え合うのは本当必要。でも世の中のお父さんも子育てとは違う意味で365日休みなしだと思います。
最近、子育てしてるんだから偉い!風潮がありすぎる様な気がします。

 
■ 日本に生まれたら、男の方が断然楽ちん。仕事だけしてれば、家事、育児が出来なくても良いんだからね。

 
■ サポートってなんだよ!!

 
■ 子供見てるより仕事してるほうが楽だと思います

 
■ この気持ちよく分かります。特に日中接している母親なら細かいことも分かるのに父親には意味が分からない事も沢山あります。逃げたくなるというより役割がなさすぎて居場所がない気がするんですよ。ただ1人目より2人目になると少し何をしたらいいのか分かるようにもなります。こうやって親も親になっていくんだと日々失敗と葛藤を繰り返しながらやってます。母親からしたら物足りないかもしれないですけどね。

出典元:headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク



おわりに

中尾明慶さんの反省した理由は育児をしてこなかった事でした!

専業主婦の育児なんて簡単だろ~?嫁はらくちんで良いな~って一般的な旦那は思っています!

一度、嫁が働きに出て旦那が育児や家事をするって事ができればお互いの大変さが分かるので一番よいのですが・・・。

それができないときはお互いに思っている事やうっ憤を話し合って相手の気持ちを考えてみる時間も持ってみる方がよいですね!

ストレスをためないためにもお互い主張してお互いが協力していくべきですね!

スポンサーリンク