NEWS

ハリボー 法的措置でクマのグミはどうなる!?【Haribo】

 

ハリボーの法的措置が話題になっています。

スペインの3人の若者がアルコールが入った酔っ払いクマ形グミを売り出しましたがドイツの菓子メーカー「ハリボー(Haribo)」のグミに似ている事によって裁判沙汰になっています。

法的措置にまで発展した事で「オシート・アンド・コー(Osito & Co)」の会社はどうなってしまうのか検証していきましょう。

スポンサーリンク



ハリボー 法的措置

ハリボーの法的措置のニュースは下記のように報道されています。

スペインのアンデル・メンデス(Ander Mendez)さん(24)と大学時代の友人2人は、アルコール入りクマ形グミのアイデアを思い付いた時、大もうけできると期待した。だがそれも、ドイツの製菓大手「ハリボー(Haribo)」の目にとまるまでのことだった。

 技術者のメンデスさんと、同じく技術者のフレン・フスタ(Julen Justa)さん(25)、法律・経営学部を卒業したタマル・ジゴラシビリ(Tamar Gigolashvili)さん(24)の3人は約1年前「オシート・アンド・コー(Osito & Co)」を立ち上げ、オンラインを中心にアルコール入りクマ形グミを販売している。

 スペイン北部バスク(Basque)の港湾都市ビルバオ(Bilbao)の大学を卒業した3人はいまや、100年前にドイツ西部ボンで創立され、多種多様なグミ菓子で有名なハリボーによって廃業の危機に直面している。

 ハリボーが、オシート・アンド・コーの製造するフルーツ味のアルコール入りクマ形グミが、ハリボーの有名商品であるクマ形グミの商標権を侵害していると厳しく非難しているのだ。

出典元:AFP=時事

スポンサーリンク



要するにスペインの大学生を含む3人がクマのグミを考えたけどもドイツのお菓子メーカー「ハリボー」では先にクマのグミを作っていたので法的措置をしているって事なのでしょう。

スペインの3人もクマにこだわらずに作ればよかったのにな~
どうしてハリボーのグミに似ているようなクマを作ってしまったのか・・・残念

スポンサーリンク



ハリボーのグミの写真

ハリボーのグミってあまり聞きなれないのでどんな商品なのかツイッターで検索してみました。

スポンサーリンク



 

ハリボーの法的措置にネットの反応は?

ネットに寄せられたコメントを見て見ましょう。

頑なにクマ型にこだわる理由がよく分からない。別の形状にしたって、味や食感が犠牲になることはないはずだけど。
それと、欧米でクマ型のグミはいくらでもあるけど、ハリボーはいちいち訴えてるんだろうか?
それとも、このメーカーのグミが特別そっくりな形だったって話?

アルコール入りのお菓子ときたら、子供の時に食べていた「コビト(企業名)のボトルチョコレート」を思い出しました。
アルコール入りのグミキャンディーはグミに味をしっかり染み込ませるか、グミを噛んだら、とろけるようなゲル状のソースが入っている感じを連想します。
ハリボーは、一袋300円近く、たまに、小腹を満たしたい時に買って食べてますし、味は爽やか味でしたし、噛み応えがあります。

いやだってそっくりじゃん。
同じクマでも全然違う、と言えるようなオリジナルな形にすれば良かっただけなのにそれをやらなかったのは、侵害じゃなくても乗っかろうとしたのは明白。
訴えられて当たり前だと思いますよ。

うーん、グミそのものは似てるけどパッケージは全く違うし間違うということはないと思うけどねぇ。
前提としてパッケージに対する侵害を主張しているのだとしたら、俺はスペイン企業の肩を持ちたいかなぁ。

イラストキャラもどちらかといえば、ナマケモノとパンダを足して二で割ったようにも見えるし、色使いやキャラクターは全く異なる。俺にとっては全く商標権を侵害しているようには見えない。
加えて商品コンセプトも明らかに大人をターゲットにしているもので、そこも少しは棲み分けできていると思うし。

むしろグッズはLINEの”ブラウン”にそっくりだと思ったけど。

スポンサーリンク



 

ハリボー法的措置まとめ

今回はハリボーの法的措置について調べてみました。 

ハリボーは昔からグミのお菓子が有名ですがスペインの3人が考えたクマ型のグミがハリボーのグミと似ていたようです!

それでハリボーが法的措置に出たって流れですね。

クマ以外の動物(他社の菓子メーカーで作っていないもの)にすればよかったのに~とは思います。

この後も引き続きハリボーのグミ裁判がどうなっていくのか注視していきたいと思います。

スポンサーリンク



スポンサーリンク

下記の左が1つ古いページで右側が1つ新しいページです↓