ENTUM 活動終了がヤバイ!理由は?えんたむ事務所

 

ENTUM 活動終了が話題になっています。

ENTUM(えんたむ)とはどういう芸能事務所が活動を終了するようです。

ENTUMっってどういう事務所?会社なの?

ミライアカリさんや猫宮ひなたさんなどの人気バーチャルユーチューバー(VTuber)が所属する事務所なのです。

ENTUM 活動終了の理由は?

ENTUMの活動終了のニュースは下記のように報道されています。

2019年12月16日、ミライアカリや猫宮ひなたなどの人気バーチャルユーチューバー(VTuber)が所属する事務所「ENTUM」が12月31日を以て活動を終了することが同社公式ツイッターとウェブサイトにて発表された。

■「サポートおよびプロデュース体制において行き届かない点があった」2人は活動終了を発表

 「ENTUM」は、ZIZAI(東京都渋谷区)が運営する2018年4月に開設されたパーチャルユーチューバー事務所。同事務所は、所属タレント(VTuber)たちに対するサポートおよびプロデュース体制において行き届かない点があったことで、このままでは所属タレントたちの活動の幅を制限してしまう可能性も生じると判断し、活動終了に至ったという。

出典元:headlines.yahoo.co.jp

ENTUMえんたむの活動終了の理由は何だったの?

やはりそれほど人気が出なかったのが理由なのでしょうね。面白い試みだったですが「初音ミク」さんのようには成れなかったので撤退という事なのでしょう

スポンサーリンク



ENTUM 活動終了の画像

スポンサーリンク



ENTUM 活動終了ネットの反応

ENTUM 活動終了についてネットに寄せられたコメントを見て見ましょう。

 
vtuberは個人勢が一番
キズナアイの事務所ように中の人も増やされない
シロのの事務所のように文句言ったら解雇なんてこともない
輝夜月と違って本人やる気満々

もしかしたら四天王のなかでは最も未来のあるvtuberでないかい?

え?解雇って誰のことだって?
夜桜たまにきまってるじゃん
あれが解雇以外なんにみえるの?

 
有名な企業vtuberが未だにバイトしている話を聞くと
ある程度有名なら
個人で活動するのが正解だね~
問題はどこまでサポートしてくれるか

 
ある程度の収益を確保するには、投稿頻度を上げるしかない。(グッズなどの売り上げも投稿が多い人の方が比較的高い)

そうなってくると編集は分担してできるけど、中の人(いわゆる魂)の負担が大きくなる。

負担を減らすために中の人も分担すると、人気が下がったり、炎上したりする。

結局、中の人に無理をさせて、もたなくなたっら引退。

 
元々は個人がLive2D使って配信するレベルの存在だったし
企業がモデラーや声優雇ってまともに収益を上げられるコンテンツじゃない。

盛り上がりだした頃に企業が本気出したせいで低クオリティの素人は駆逐されて新規参入も難しくなり寂れてしまった。

 
にじさんじ辺りは、Vtuberと言うよりただのアバター。
中の人ありきでアバター出して喋るだけやから、ラジオ番組と同じやん。
別に、コンテンツとして面白ければええんやけどvirtualYouTubeって何だろうね?
って思う

 
アカリちゃんはエイレーンの元へ〜って言う人もいるかもだけど、もう遅いんだよな…。そもそも今のV界隈は生配信中心。動画勢は流行についてけてない。もうにじさんじやホロライブしかやっていける土壌がないよ…。

 
どうするのだろう。
個人でやると言っても、配信者としての力はあっても裏方の力は無いと思うから厳しいと思う。
ミライアカリも猫宮ひなたも奇人しかいないホロライブ入りしたら個性が強過ぎて病みそうだし、他の四天王はボヤ起きてるし、にじさんじネットワーク入りがこれからの活動の幅も広がって良いと思う。

 
最近の猫宮のつまらなさは異常
この前久々にFPSやってみせたとき海外コメが大喜びしてたけどそういう事なんだよね
低評価がメチャクチャ少ないのも良い傾向というより
もうファンしか見てないって印象がでかい
もっと言えばアンチすら見ないという

でも広告付いてないから何をやってもオールオッケー!!
ほんとこの点は偉い

 
ミライアカリは元々フリーだったから特に気にしてない

 
やはり、シャロンアップルの降臨はまだか(マクロスファン)

スポンサーリンク



 

ENTUM 活動終了まとめ

今回はENTUM 活動終了について調べてみました。 

所属していたタレントさんはユーチューバーでも活躍できそうですね。

ENTUMもまた新しいサービスや企画を考えてくれると思います。期待しましょう。

この後も引き続きどうなっていくのか注目し情報が入り次第、追記していきたいと思います。