NEWS

シビック 存続理由とは?指名買いで運転を楽しむクルマ!

 

ホンダ・シビックの存続理由が話題になりYahoo!ニュースに出ましたね。

一体存続理由とはどういうことなのでしょうか!?

今回は指名買いで運転を楽しむクルマ、シビックについてネットの反響からも調査していきます。

スポンサードリンク



シビックの存続理由の内容

シビックの存続理由について下記のように報道され話題になっています。

 ホンダは、2020年1月23日にマイナーチェンジした新型「シビック」を発売しました。外装デザインの変更がおこなわれたほか、安全装備も強化されています。
 一方で、シビックはホンダのなかで歴史あるモデルではあるものの、販売面において現在は主力モデルとはいえない状況です。ホンダは、なぜ今回シビックの改良をおこなったのでしょうか。
 シビックの歴史は、1972年7月12日に発売された初代モデルからはじまります。
 当時、世界一厳しいといわれたアメリカの排気ガス規制であるマスキー法をクリアしたCVCCエンジンを搭載したモデルが、1975年に追加されて話題となり、その後シビックはホンダを代表する小型モデルとして歴史を重ねます。
 そして、2010年に8代目モデルの販売を日本市場で終了して以来、国内でのシビックの歴史は一旦途絶えます。その後、2017年7月に現行の10代目モデルを日本市場へ再投入。限定車を除くと7年ぶりの復活となりました。
 ラインナップはハッチバックとセダン、そしてスポーツ仕様のタイプRです。
 ホンダを代表するビックネームの復活となったシビックですが、売れ行きは復活後も絶好調とはいえません。

出典元:ヤフーニュース|headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200123-00218805-kurumans-bus_all&p=1

スポンサードリンク



シビックの存続理由について

シビックの存続理由に関するネット上の反響は以下のようになっています。

賛否両論あります。

 
■フィットが実質的後継車になるからシビックの存在価値はほとんどないですね。現行フィットも大きく重くなりましたからそれよりコンパクトなサイズの需要はあると思いますが、そこはシティーの守備範囲。シティーを復活してもらいたいですね。

 
■存続危機も何もそもそももう今のシビックはシビックじゃないかと。でかいし値段も高いしシビックの名前を使ってるだけ。
他社に無いほどの低価格、車体も5ナンバーサイズの小ささとかでシビックと称するなら納得するけどターボも付くわ車体もでかいわ値段高いわで面影は一切無い。
現行モデルが好きな方々には申し訳ないけどこれはシビックとは名ばかりの全くの別物だと思う。

 
■トヨタ86&スバルBRZ を買えない人がインプレッサに乗るんじゃないのかな?
スポーツカーと言えば300万円からになるような個人的な意見です(^^)
スポーツカーの乗り味が少しでもあるのと200万円前半からあるインプレッサに目が行くのは当たり前だし、昔のクソださいインプレッサじゃなくカッコ良くなってるし(^^)
シビックの伝統なんて消費者には二の次の選択肢じゃないのかな?(^^)

 
■あまり車に興味ない女性ですが、先日夜走るシビックを見て久々にカッコイイなぁ!!と思いました。
最近流行のイカツイ感じじゃなくて、スマートなカッコ良さ。
外車みたいな気取った感じも無くて、ナチュラルで素敵。
でも高い。若いうちは買うの大変だし、中年になればファミリーカーが主流。老後ではちょっと若すぎるデザインだと思うのが一般的で、重々しさや安全性重視になるだろう(私は若々しくて良いと思うが)
需要が少ない理由はこんな感じなのでは?
でもカッコイイ!若い時にこんな車の助手席に載せて貰いたかったなぁ〜って思ったわ。
若かりし頃の夫の車。デートでは雨漏りさえするボロ車だったwあの時は興味無かったから全く気にしなかった。

 
■フィット 3のMT乗ってます。
ホンダでそこそこの大きさで、MTはシビックしか選択肢がない!
ヴェゼルでMT設定してくれたら、即買いなんだけどな、、、。欧州ではMT設定してるんだから、受注生産すればいいのに。

 
■そもそもハッチバックは輸入車なんだから、多少は高くなるわな。
>実燃費が10km/Lくらいになってしまった
同レベルの馬力のガソリン車なら、街乗り実燃費なんて8㎞/Lくらいなんだから、いい方だと思うけど。

 
■初代シビックはホンダが4輪車を継続するかどうかが掛かったクルマやった。
当時2年でマイナーチェンジさらに2年でフルモデルチェンジが普通だった時代にノーモデルチェンジ宣言して7年フルモデルチェンジしなかった。
また当時珍しかった量産のリーンバーンエンジンCVCCで非常に厳しいマスキー法(排気ガス規制)をクリアした。
デザインはミニクーパーをリスペクト(パクリと言わないで)した可愛い感じでかなり流行りました。
カローラと言いシビックと言い、あの頃を知るものとして何処に向かうんだろうと思ってしまいます。シティターボⅡの頃ホンダが1Lターボで1Lあたり100馬力を目指すと言ってたけどすでにNAで越えてるもんね。

 
■世界戦略車の話を日本でしてるから全然響かない記事。
私は在タイなのだがcivic相当数走ってますし、私自身も検討しました。
車種の選択肢が少ない東南アジアだとああいったとんがったデザインはウケます。

 
■月平均1,500台売れてれば立派な物でしょう。日本国内では、メーカー自身が結果的にそういう車の立ち位置に変質させていったのですから。「おや、シビックだ」と見かけるのはタイプR(目立つし、エアロもたいてい付けてるから)だけで、セダンなどの他のモデルは街中のチョイノリでは珍しい状態です。住んでる所のせいもあるでしょうが。アコードはまだあるんですかね?

 
■トヨタがずっとカローラを販売しているのも同じでしょ。
日産はサニーを切り捨てたけど。
時代の流れとは言え,どんどん肥大化していく車体は個人的にはちょっといただけない。
コンパクトな車にはコンパクトなりの魅力があるんだが,まあメーカーとしては売れなきゃしょうがないから仕方ないか。 

出典元:headlines.yahoo.co.jp/

スポンサードリンク



おわりに

今回はシビックの存続理由について報道内容とネットの反響をみてみました!

指名買いで運転を楽しむクルマ!

炎上っぽいようなコメントもありましたので今後も注目していく必要があるでしょう。

スポンサードリンク



スポンサーリンク

下記の左が1つ古いページで右側が1つ新しいページです↓